ストレスによる頭痛で薬が効かない時の克服法を心の専門家が解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスによる頭痛で薬が効かない時の克服法を心の専門家が解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ストレスにより頭痛があり「薬が効かない!」とお悩みの方へ

このようなことで悩んでないですか?

  • 病院で出された薬を飲んでいるけど治らない
  • 長年頭痛が治らなくて辛い
  • 頭が破裂しそうな痛みがある
  • 頭の片側だけ痛みがある
  • 常に痛くはないが、いつ頭痛が出るのか怖い
  • ストレスが多いせいで頭痛が治らない

このようなお悩みがあると、充実した日常生活を送れなくなりとても辛いですよね。

私も数年前まではこのような悩みを抱えていました。

  • 市販の薬や病院でもらった薬を飲んで、その場は少し楽になるけど完全には治らない・・・
  • このまま薬を飲み続けて副作用が心配・・・

このままではいけないと思い、様々な医療文献や医学本を読み、また医療従事者として患者様を診ていく中で、ある文献と出会いました。

それは【ストレスと体の関係性】について研究をした文献です。

そこからはストレスについて様々な研究結果を読んでいくうちに、ある一つの真実がわかりました。

それは【ストレスの認識の仕方で、ストレスが無くならなくても健康を取り戻せる!】という内容のものでした。

この事実は【ハーバード大学】などの一流の研究機関でも報告されています。

この事実を頭痛で悩んでいる方に少しでも広めたく、この記事を作成しました。

この記事を読むと

  1. 頭痛の種類と原因
  2. ストレスと頭痛の関係性
  3. ストレスを認識し健康を取り戻す方法
  4. この記事の内容で健康を取り戻した患者様の体験談

を知る事が出来ます。

辛い頭痛の症状をこの記事を読み実践することで克服出来れば幸いです。

ストレス 頭痛 薬が効かない

目次

当サイトの執筆・監修者

【執筆・監修】石井 克昇

石井堂グルーブ代表 石井克昇

石井堂クリニカルオフィス代田橋院/石井堂街の接骨院 院長 石井克昇

【執筆・監修】吉住 琢也

六本木石井堂整骨院 院長 吉住琢也

石井堂クリニカルオフィス六本木院/六本木石井堂整骨院 院長 吉住琢也

  • ANJ認定アクティベータメソッド認定
  • 厚生労働大臣認定柔道整復師免許(国家資格)
  • 厚生労働大臣認定鍼灸師免許(国家資格)
  • LCA認定PCRT(心身条件反射療法)シルバー認定
  • 石井堂クリニカルオフィス六本木院/六本木石井堂整骨院 院長
  • 1軍プロ野球選手、歌手、声優、音楽家などのトップアスリート、トップアーティストの施術も行っている。

頭痛を感じる場所で違う?頭痛の種類と原因!

頭痛の種類や原因は痛みが出る場所によって異なります。

頭痛とは頭が痛くなる状態の事をいい、大きく分けて3通りあります。

  1. 偏頭痛(へんずつう)
  2. 緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)
  3. 群発性頭痛(ぐんぱつせいずつう)

それぞれの頭痛について説明していきます。

参照・参考:一般社団法人 日本頭痛学会

参照・参考:片頭痛の病態生理―generator を中心に―

偏頭痛チェック項目

偏頭痛とは慢性頭痛の診療ガイドライン2013によると

頭痛発作を繰り返す疾患で、発作は4〜72時間持続する。片側性、拍動性の頭痛で、中等度〜重度の強さであり、日常的な動作により頭痛が増悪することが特徴であり、随伴症状として悪心や光過敏・音過敏を伴う

引用:慢性頭痛の診療ガイドライン2013

と説明されています。

簡単に説明すると以下の5つに当てはまる状態が偏頭痛とされています。

  1. 頭痛が4〜72時間持続した状態が繰り返し起こる
  2. 片側性(右か左のどちらかの頭)や拍動性(ズキンズキンと連続して起こる)の頭痛
  3. 頭痛はやや痛いかとても痛い
  4. 日常生活で頭痛が酷くなる事が特徴
  5. 悪心(吐き気)や光過敏(光が眩しすぎると感じる)音過敏(音がうるさすぎると感じる)

偏頭痛の原因は科学的根拠が明らかになっているものがなく、もしかしたらこれが原因ではないか?とされているものを紹介します。

【三叉神経血管説】

三叉神経(さんさしんけい)とは・・・主に頭や顔の知覚(痛みや触られた感覚)を脳に伝えます。

偏頭痛とは三叉神経に何らかの刺激が加わることで起こるとする説です。

その刺激として拡張(かくちょう)した血管が考えられています。

分かりやすく説明すると、例えばお酒を飲んでいるときに頭が痛くなることはありませんか?

それはお酒を飲むと血流の流れがよくなり(血管が拡張している状態)三叉神経を圧迫しているからです。

この状態が偏頭痛の原因だと考えられていますが、決定的な根拠は見つかっていません。

緊張型頭痛チェック項目

緊張型頭痛とは慢性頭痛の診療ガイドライン2013によると

各緊張型頭痛は主にその発症頻度で診断される(A項)。そして以下の項目を満たしたものである。

B.頭痛は30分〜7日間持続する

C.頭痛は以下の特徴の少なくとも2項目を満たす

  1. 両側性
  2. 性状は圧迫感または締め付け感(非拍動性)
  3. 強さは軽度〜中等度
  4. 歩行や階段の昇降のような日常的な動作により増悪しない

D.以下の両方を満たす

  1. 悪心や嘔吐はない(食欲不振を伴うことはある)
  2. 光過敏や音過敏はあってもどちらか一方のみ

E.その他の疾患によらない

A項

2.1稀発反復性緊張型頭痛は、1か月に1日未満(年間12日未満)の頻度で生じる頭痛

2.2頻発反復性緊張型頭痛は、1か月に1日以上、15日未満(年間12日以上180日未満)の頻度で生じる頭痛

2.3慢性緊張型頭痛は、1か月に15日以上(年間180日以上)の頻度で生じる頭痛

2.4緊張型頭痛の疑いは、緊張型頭痛の診断基準を1つだけ満たさず、かつ片頭痛でないものである。

引用:慢性頭痛の診療ガイドライン2013

と説明されています。

緊張型頭痛を簡単に説明すると

  • 緊張型頭痛には細かい分類があり、頭痛になる頻度で分けられる
  • 頭痛は30分〜7日間持続する
  • 次のうち二つの項目に当てはまる
  1. 両側性(左右の頭が痛い)
  2. 頭が押し潰されそうな痛みがある
  3. 頭痛はあまり痛くないかやや痛い
  4. 日常生活動作では悪化しない
  • 悪心や嘔吐はない(食欲不振を伴うことはある)
  • 光過敏や音過敏はあってもどちらか一方のみ

緊張型頭痛の研究は少なく、確立された原因はないが

  • 肥満
  • 運動不足
  • 喫煙

が原因として考えられています。

群発性頭痛チェック項目

群発性頭痛とは慢性頭痛の診療ガイドライン2013によると

A.B~Dを満たす発作が5回以上ある

B.未治療で一側性の重度〜きわめて重度の頭痛が、眼窩部、眼窩上部または側頭部のいずれか1つ以上の部位に、15〜180分間持続する

C.頭痛と同側に少なくとも以下の1項目を伴う

  1. 結膜充血または流涙(あるいはその両方)
  2. 鼻閉または鼻漏(あるいはその両方)
  3. 眼瞼浮腫
  4. 前頭部および顔面の発汗
  5. 縮瞳または眼瞼下垂(あるいはその両方)
  6. 落ち着きがない、あるいは興奮した様子

D.発作頻度は1回/2日〜8日/日である

E.その他の疾患によらない

引用:慢性頭痛の診療ガイドライン2013

群発性頭痛を簡単に説明すると

次の項目を満たす発作が5回以上ある事を言います

  • とても痛い頭痛が、目の周辺または側頭部(そくとうぶ)に15〜180分間持続する
  • 頭痛が起きている側に次の項目の一つが当てはまる
  1. 結膜充血または涙が多く出てしまう(あるいはその両方)
  2. 鼻が詰まるまたは鼻水が垂れるあるいはその両方)
  3. まぶたが浮腫む
  4. 前頭部(ぜんとうぶ)と顔面の発汗
  5. 縮瞳(しゅくどう)またはまぶたが垂れる(あるいはその両方)
  6. 落ち着きがない、あるいは興奮した様子
  • 発作頻度は1回/2日〜8日/日

生活習慣の変化、特に喫煙、飲酒が主な原因として考えられています。

頭痛に隠された病気とは?

あなたの頭痛が実は病院で適切な治療をしなくてはならない病気が隠されている可能性があります。

その場合は早期に適切な治療を受ける必要があるので、下記を参考に当てはまる項目がないか確認してみましょう。

くも膜下出血

これまでに経験したことがない激しい頭痛が突然生じ、悪心(吐き気)・嘔吐も伴います。

「ハンマーで殴られたような痛み」として表現されることが多いです。

脳腫瘍

悪性・良性のどちらでも頭蓋内に腫瘍が出来ると、頭痛・嘔吐・うっ血乳頭・片麻痺・視力低下がみられます。

神経膠腫(グリオーマ)

初期には頭痛が多くみられるが、痙攣(けいれん)・麻痺・性格変化などがみられます。

また様々な神経症状もみられます。

中耳炎

インフルエンザ菌・肺炎球菌が主な原因菌となります。

耳痛・発熱が主な症状で、耳漏(じろう)を伴う場合もあります。

参照・参考元:離床医学各論

※あくまでもこの項目は全ての病気を解説している訳では無いので、思い当たる項目が無くても一度病院を受診することをお勧めします。

薬が効かない頭痛とは?ストレスと頭痛の関係性

薬を服用しても頭痛が治らない場合は、ストレスが関係している可能性があります。

ストレスと頭痛との関係性として、血管や内臓などは自律神経が命令を出して動かしています。

脳が安定した状態であれば自律神経も正しい命令を出せるのですが、脳がストレスを受けて不安定な状態になると自律神経も正しく働く事が出来なくなります。

薬を服用して頭痛を抑えたとしても、それは対症療法に過ぎません。

根本の原因である脳を安定させないとストレスが原因となる頭痛を治すことは難しいのです。

ストレスにより起こる症状は頭痛だけでなく、吐き気やめまいなど様々な症状があります。

ここまでを読むと『ストレスを無くさないと頭痛は治らないのかぁ』と思うと思いますが、ストレスを無くさなくても認識の仕方を変えるだけで、脳は安定する事が研究で明らかになったのです!

まずはその根拠となる研究結果をお読み下さい。

ストレスの研究で明らかになった新事実!ストレスは認識の仕方で体に影響する!?

まずはこちらの実験をお読み下さい。

1998年にアメリカで3万人の成人を対象に行われた調査で、参加者に対してつぎのふたつの質問が行われました。

「この1年間でどれくらいのストレスを感じましたか?」「ストレスは健康に悪いと思いますか?」

8年後の追跡調査では、3万人のうち誰が亡くなったかを、住民情報等によって調査しました。

まずは悪いニュースからお伝えしましょう。調査の結果、強度のストレスがある場合には、死亡リスクが43%も高まっていたことがわかりました。

ただし、死亡リスクが高まったのは、強度のストレスを受けていた参加者のなかでも、「ストレスは健康に悪い」と考えていた人たちだけだったのです。

強度のストレスを受けていた参加者のなかでも、「ストレスは健康に悪い」と思っていなかった人たちには、死亡リスクの上昇は見られませんでした。それどころかこのグループは、参加者中でもっとも死亡リスクが低かったのです。

研究者たちの結論は、「人はストレスだけでは死なない」ということでした。

引用:スタンフォードのストレスを力に変える教科書

いかがでしょうか?

この実験にあるように、ストレスは健康に悪いと認識していなければ、体に害はありませんでした。

つまり『私はストレスにより頭痛が起きているんだ!』と無意識にでも認識しているからこそ実際に頭痛が起こり、また薬を服用していても頭痛が治らないのです。

ここまでを理解していたでけたら、次に脳を不安定にしているストレスと、その背景を理解し受け入れる必要があります。

ストレス深く認識し、受け入れることで脳は安定し自律神経が正常に働くので、結果として頭痛を克服する事が出来ます。

薬が効かない頭痛はストレスを認識しストレスを克服する!

ストレスとその感情を認識する

ストレスを深く認識する為に、まずはあなたのストレスと感情を紙に書き出してみましょう。

  • 上司に怒られた→ムカつく
  • 任されていたプロジェクトが失敗した→悲しい
  • 家族との関係が悪い→不安
  • 貯金が少ない→不安
  • 部下がいう事を聞かない→イライラする

ここで知ってもらいたい事は、ストレスを強く感じている人は【思考のアンバランス】があるということです。

思考のアンバランスとは・・・起こった出来事に対して、ネガティブな考えを多くしてしまう事です。

解説すると、例えば上司に怒られた時にムカつくという感情に対して、無意識にムカつくと思うのは、上司が自分を攻撃していると感じているからです。

実際に起こった現実としては【上司に怒られた】という事しかありません。

しかし思考のアンバランスがあると『上司は私の事が嫌いなんだ』『上司に失望されたんだ』『もう出世出来ないんだ』と現実には起きていないことまで、頭の中でぐるぐると考え始めます。

この状態になると一つの事柄で複数のネガティブの枝を伸ばし、より大きなストレスとして感じるようになります。

まずは現実に起こった事実のみを認識するようにしましょう。

心の背景を認識する

現実に起こったことのみを認識する事が難しいと感じた方は、あなたのストレスの背景である価値観と信念を紙に書き出してみましょう。

価値観とは・・・無意識に求めている理想

信念とは ・・・今までの人生経験から生まれた「〜べき」「〜ならない」というルール

これらの背景があるからこそ、様々なネガティブな感情が生まれます。

先ほどの例だと

【上司に怒られた→悲しい】

【背景】

  • 価値観・・・上司から特別な存在だと思われたい
  • 信念 ・・・自分は優秀でなければならない

とこのような背景が隠されている場合があります。

あなたにはどのような背景があるのか、人間が持っている主な価値観と信念の例をあげるので参考にあなたの背景を書き出してみましょう。

価値観
  1. 安定した生活を求めている
  2. 新しい分野に挑戦したい
  3. 職場で頼りにされたい
  4. 家族との愛情がほしい
  5. 人格者としてさらに成長したい
  6. 会社や家族、さらには社会に対して貢献したい

信念

  1. 自分はこれまでの人生で常に優秀だった。これからも優秀でいるべきだ。
  2. 親から自立した人間になれと教えられてきた。人に頼ってはいけないんだ。
  3. 人の為に犠牲になることは美徳だ。自分を犠牲にしなければいけないんだ。
  4. 他人を犠牲にしてでも自分の利益を優先しなければいけないんだ。
  5. 人を常に警戒しなければいけないんだ。
  6. 物事には執着し、こだわりを持たなければいけないんだ。
  7. 困っている人を助けなければいけないんだ。
  8. できる人間だと周りに思われなければいけないんだ。
  9. 人を常に疑い心を許してはいけないんだ。
  10. 職場のチームとは仲間意識をもち、協力しなければいけないんだ。
  11. 一つのことを追求しなければいけないんだ。
  12. 他人とは競い続けなければいけないんだ。
  13. 尊敬する人には忠実に従わなければいけないんだ。
  14. 自分の信じている事を曲げてはいけないんだ。

頭痛が治らないブレーキとなる記憶を認識し書き換える

心の背景を認識しても頭痛が治らない方は、【脳が頭痛が治らない記憶をしている】場合があります。

『記憶だけで頭痛が治らなくなるの?』と思われた方は【幻肢痛】という症状があるのでお読み下さい。

幻肢痛(げんしつう、英: Phantom Pain)は、怪我や病気によって四肢を切断した患者の多くが体験する、難治性の疼痛。 心身症に該当する。 ファントムペインともいう。

引用:ウィキペディア

本来であれば腕や足などを切断されたら、そこには物質がないので痛みを感じないはずですが、脳が痛みを記憶しているので物質がないにも関わらず痛みを感じます。

この事が【脳が頭痛が治らない記憶をしている】状態です。

ここでいう記憶とは言い換えれば思い込みです。

頭痛が治らない思い込みとして

  • 何年も薬を飲んでいるのに治らないから私はもう治らないんだ
  • 医師に薬を飲んだら治ると言われたけど治らなかった
  • ネットで頭痛は薬を飲んでも治らないという情報をみた

などがあります。

そのような記憶は書き換える必要があります。

その書き換え方の例として

【ストレスによる頭痛は、ストレスを認識し脳が安定すれば治るんだ!今まで治らなかったのはストレスを認識していなかったからだ!】

このように書き換えることで治らない記憶のブレーキが外れ、頭痛を克服する事が出来ます。

頭痛が治らない事で得られる事がある!?

ストレスを認識し記憶を書き換えても頭痛が治らない人の中には【頭痛が治らないことで得られる事がある】という心理状態がある場合もあります。

前述したように思い込みが体の症状を作る事があります。

この心理状態を簡単に説明すると【子供が学校に行きたく無いから頭が痛くなる】という状態です。

子供であれば単純で分かりやすいのですが、大人になると複雑化してきます。

まずは例を参考に『もしかしたら私もそんな考えがあるかもしれないなぁ』と客観的に考えてみましょう。

  • 頭痛がある事で仕事が進まない事の言い訳が得られる
  • 頭痛があり辛いのによく頑張っているねと周囲の人から高い評価を得られる
  • 頭痛がある事で周囲の人から心配して貰え、愛情が得られる
  • 頭痛がある事で上司に対して被害者であるという承認が得られる
  • 頭痛がある事で大変な仕事をしなくて良いという安心感が得られる

などがあります。

『もしかしたら私にもそのような考えがあるのかもしれない』と思われた方は

あなたが求めている事はどうすれば手に入るのか

という事を考えてみてください。

例え答えが見つからなくても、考える事で『頭痛でいる必要は無いんだ』と無意識に理解する事が出来るようになります。

頭痛の薬が効かない患者様のストレス

実際に私たちが臨床であった、薬を服用しても頭痛が治らなかった患者様がどのようなストレスと心の背景があったのかお読みください。

毎朝頭痛がある中間管理職の男性

頭痛と関係するストレスとして

  • 部下に悪く思われていないか不安→みんなから尊敬され頼られる事を求めている
  • 仕事の量が多くて疲れる→家族とのつながりを求めている
  • 同期に負けた事が悔しい→常に人と競い合うべきとのルールがある
  • 仕事でミスをした悲しい→自分には優秀でいなければいけないとのプライドがある

などがありました。

10年以上頭痛が治らない主婦

頭痛と関係するストレスとして

  • 家族から必要とされていないと感じて悲しい→自分の存在感を求めている
  • ママ友と仲は良いが集まりが面倒→他人を警戒するべきとのルールがある
  • 子供の将来が心配→自立した人間に育てなければいけないとのルールがある
  • 病院でもらった薬を飲んでも治らなかった→自分は治らないというブレーキがある
  • 長年頭痛が治らない→自分は治らないというブレーキがある

などがありました。

受験勉強をしていると頭痛が出る学生

頭痛と関係するストレスとして

  • 失敗したらと考えると不安→父が厳しく認められていない
  • 家族の中で孤独感を感じる→家族との繋がりが欲しい
  • 遊びたいが遊べない→友人との繋がりが欲しい

などがありました。

これらのストレスと治らないブレーキを認識し書き換えることで頭痛を克服する事が出来ています。

薬に頼らずにストレスを認識し頭痛・吐き気・めまいなどの症状を克服した患者様の体験談

不安感・体の痺れ・動悸を訴える患者様の声

ストレス 頭痛 薬が効かない

●どの様な症状、お悩みを解決するために当院(石井堂クリニカルオフィス)にご来院されましたか?
不安感や体のしびれ、動悸などが気になったため。
●体験しての感想、他院との違いなど、書き方は自由です。ご感想をお聞かせください。

マッサージやカイロは体がほぐれたように気持ちは良いのですが、しばらくして元に戻ってしまいます。

こちらでは心身のバランスが少しづつ整っていく感じがわかりました。

●今、不調でお悩みを抱えている方で当院へまだ来院されていない方へメッセージをお願いします。
なんともいえないモヤモヤした体の不調や

心身のバランスを整えたい方は良いのでは無いかと思います。
お名前 F.M 40代 女性 会社員 東京都在住

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

不安感からくる、喉の違和感、背中のこわばり、過呼吸、不眠症、食欲不振を訴る患者様の声

ストレス 頭痛 薬が効かない

●どの様な症状、お悩みで施術を受けられましたか?
自律神経失調症

具体的な症状は、不安感からくる、のどの違和感・背中のこわばり・過呼吸・不眠症・食欲不振等
●数ある治療院から当院を選ばれた動機は何ですか?
根本的な治療を行いたかったため。

薬に頼るのが怖かったため。
●石井堂街の接骨院の施術を受けてのご感想や施術の結果をお聞かせください。
週2のペースで、今まで6回の施術を受けました。

電車に乗って通勤することも不安だった1回目からすればまだ症状の違和感は残るものの、仕事に行き日常生活を送れている。現在の状態はかなりの回復だと思います。あと数回通い完治したいと思います。
●今、不調でお悩みを抱えている方で当院へまだ来院されていない方へメッセージをお願いします。
中には私のような症状に数年苦しんでいらっしゃる方もいると思います。

症状は必ず治りますので、一度施術を受けてみて下さい。
お名前 A.M 30代 女性 事務系 東京都板橋区在住

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

不眠症を訴える患者様の声

ストレス 頭痛 薬が効かない

●どの様な症状、お悩みを解決するために当院(石井堂クリニカルオフィス)にご来院されましたか?
不眠症
●体験しての感想、他院との違いなど、書き方は自由です。ご感想をお聞かせください。
お話を良く聞いてくださり、的確なアドバイスを頂きました。

自分が思っていなかった事が不眠症の原因の一つと分かり改善のきざしが見えてきて本当によかったと思っております。
●今、不調でお悩みを抱えている方で当院へまだ来院されていない方へメッセージをお願いします。
根本的な原因をとても分かりやすく説明して下さいます。
お名前 J.I 50代 女性 パート 東京都在住

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

強迫観念を訴える患者様の声

ストレス 頭痛 薬が効かない

●どの様な症状、お悩みを解決するために当院(石井堂クリニカルオフィス)にご来院されましたか?

強迫観念を治すため

●体験しての感想、他院との違いなど、書き方は自由です。ご感想をお聞かせください。

こんな簡単な感じなのによくなってるので、自分でもビックリしてます

●今、不調でお悩みを抱えている方で当院へまだ来院されていない方へメッセージをお願いします。

私の様に良くなることを願っています

お名前 まさ 30代 女性 バイト 大阪府在住

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

うつ症状・腰痛・肩こり・頭痛・股関節の痛み・不安感を訴える患者様の声

ストレス 頭痛 薬が効かない

●どの様な症状、お悩みで施術を受けられましたか?

うつ症状・腰痛・肩こり・頭痛・股関節の痛み・不安感

●数ある治療院から当院を選ばれた動機は何ですか?

ホームページで見つけて、院長のプロフィールを見て、信頼できると感じたからです。

●石井堂街の接骨院の施術を受けてのご感想や施術の結果をお聞かせください。

病院では薬を処方され、飲んでも治らなかった症状が6回の治療で良くなりました。

乾燥はとにかく説明が丁寧で、わかりやすく、自分の治る力を信じる事ができました。

●今、不調でお悩みを抱えている方で当院へまだ来院されていない方へメッセージをお願いします。

やっと主治医を見つけた感覚です。こんなに勉強されている先生はいないと思います。とにかくおススメです。

お名前 M.M 30代 男性 会社員 東京都世田谷区在住

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

アゴの痛み、からだのゆがみを訴える患者様の声

ストレス 頭痛 薬が効かない

●どの様な症状、お悩みで施術を受けられましたか?

アゴの痛み、からだのゆがみ

●数ある治療院から当院を選ばれた動機は何ですか?

友人からの紹介です。

●石井堂街の接骨院の施術を受けてのご感想や施術の結果をお聞かせください。

まさかアゴの痛みとメンタルが関係しているとは思わなかったです。

施術後は体全体が軽くなり、アゴの痛みも良くなりました!

●今、不調でお悩みを抱えている方で当院へまだ来院されていない方へメッセージをお願いします。

どんな質問をしても先生は答えてくださりました。とても勉強されているのが伝わります。オススメです。

お名前 R.T 30代 女性 会社員 東京都港区在住

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

自律神経失調症・手足のしびれ・頭痛・のどの違和感を訴える患者様の声

ストレス 頭痛 薬が効かない

●どの様な症状、お悩みで施術を受けられましたか?

自律神経失調症・手足のしびれ・頭痛・のどの違和感

●数ある治療院から当院を選ばれた動機は何ですか?

ホームページを見て、自分の症状に当てはまると思ったからです。

●石井堂街の接骨院の施術を受けてのご感想や施術の結果をお聞かせください。

初回の治療で呼吸が浅い感じが解消し、筋肉の収縮している感じも良くなりました。

6回の施術で手足のしびれと頭痛も完全に良くなりました。

●今、不調でお悩みを抱えている方で当院へまだ来院されていない方へメッセージをお願いします。

今までいろいろな病院や整体に行きましたが、石井先生が一番信用できます。

お名前 K.M 20代 男性 会社員 埼玉県在住

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事をまとめると

  • 頭痛の原因は確立されたものは無いが、薬が効かない場合はストレスが関係している可能性がある
  • ストレスによる頭痛を克服するにはストレスを深く認識する
  • 過去の経験から頭痛が治らない記憶がある場合は書き換える
  • 頭痛でいる事で得られる事があるという無意識的な思考があれば意識に引き上げ書き換える

この記事を読み実践する事であなたの辛いストレスによる頭痛を克服する事が出来たら幸いです。

もし万が一こちらの記事を参考に行ってもストレスや吐き気、頭痛、めまいなどが解決出来ない場合、脳と心と体の関係性に着目した専門家へご相談される事をお勧めします。

この記事の参考文献

  • 体の不調は脳がつくり、脳が治す:保井志之
  • 「こころ」はいかにして生まれるのか最新脳科学で解き明かす「情動」:櫻井武
  • コーピングのやさしい教科書:伊藤絵美
  • 記憶と情動の脳科学:ジェームズ・L.マッガウ, 久保田 競, 大石 高生
  • コーチング・クリニック:ベースボール・マガジン社
  • 超ストレス解消法:鈴木 祐
  • スタンフォードのストレスを力に変える教科書:ケリー・マクゴニガル
  • 臨床医学各論:東洋療法学校協会
  • 薬に頼らず家庭で治せる発達障害との付き合い方:Dr.ロバート・メリロ
  • 心身条件反射療法研究会資料

あなたの心や身体に関わるお悩みを私たちにご相談を頂けますと幸いです。ご予約フォーム

石井堂クリニカルオフィスの本が出版決定!お読み頂けますと幸いです。

不調が消え去る脳バランス体操 右脳と左脳が一瞬で整う 石井克昇 石井堂クリニカルオフィス 石井堂街の接骨院

石井堂クリニカルオフィス代表の石井の本が株式会社KADOKAWAより出版されました。

お陰様でアマゾン売れ筋ランキング1位、紀伊国屋書店(新宿本店)のベストセラー1位になりました。

心や体のお悩みがある方は是非ご購入して頂けますと幸いです。

タイトル:不調が消え去る脳バランス体操 右脳と左脳が一瞬で整う

 

私たち(石井堂クリニカルオフィス)の施術理論と施術の手順をお伝えします。(動画)

私たち(石井堂クリニカルオフィス)の実際の施術風景をお伝えします。(動画)

『心と体の健幸法』が学べる動画プログラムを無料でプレゼント中

病院で治らない症状、繰り返す症状、治療院や整体に通っても治らない症状などにお悩みではありませんか?

本動画は、私たちやクライアント様が心や体に真剣に向き合い

  • 痛みやシビレ、こりなどを改善した方法
  • 自律神経失調症を改善した方法
  • イップスやジストニアを改善した方法

など、「心ー体ー脳ー社会」の関係性に着目した具体的な不調の克服方法を約20分に渡って詳細に解説している動画です。

是非あなたの辛いお悩みの解決にご活用ください。

 

 

石井堂クリニカルオフィス情報 東京に2院

石井堂クリニカルオフィス代田橋・明大前院/石井堂街の接骨院

診療日:月~土 9:30~19:30(土のみ18:00まで)

休診日:木曜日、日曜日、祝日、その他研修日は臨時休診

臨時休診日のお知らせはこちら

予約TEL:03-5355-1855
※施術中は電話に出れない事がございます。後ほどご連絡頂くか、ラインID検索しラインからメッセージにてご連絡ください。

ライン予約ID: ishiido
※時間外・休診日にお問合せ頂いた場合は翌日以降の返信となります。

住所:東京都杉並区和泉2-32-15-ベルハイツ和泉1F

代田橋から徒歩8分・明大前駅から徒歩12分・方南町駅から徒歩15分

石井堂クリニカルオフィス/石井堂街の接骨院公式ホームページ: http://ishiidotown.com

石井堂クリニカルオフィス六本木院/六本木石井堂整骨院

診療日:月〜土 10:00~20:00

休診日:木曜日、日曜日、祝日、その他研修日は臨時休診

予約TEL:03-6447-4967
※施術中は電話に出れない事がございます。後ほどご連絡頂くか、ラインID検索しラインからメッセージにてご連絡ください。

予約ラインID: roppongioffice
※時間外・休診日にお問合せ頂いた場合は翌日以降の返信となります。

住所:東京都港区六本木7-17-14-六本木コーポ502

六本木駅から徒歩1分

石井堂クリニカルオフィス/六本木石井堂整骨院公式ホームページ: http://roppongi-seitai.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする